ミトコンドリアを増やす方法として、ためしてガッテンで紹介してました。

スタミナというのは、細胞内になるミトコンドリアの数が決定するそうです。

細胞内に存在し平均して、1つの細胞に数百から3000個あると言われています
極端に少ない人は、スタミナ欠乏してるということになって元気が無いんですね。

 

                 ミトコリン【次世代型ミトコンドリアサプリ】

ミトコンドリア増やしていく方法

増やし方は食事にもあります。

食事で得た糖質・脂肪などの栄養素、呼吸によって取り入れた酸素を合成して「ATP」というを生成します。
ミトコンドリアが作るATPは、驚くことにすべて活動エネルギーになり、なんと50㎏だそうです。

そんな重量がホントに出来るのか不思議でしたが、驚くんですが、作られてもすぐドンドン消費され続ける
ので、体感は出来ないみたいです。

食事ってとても大事なんですね、食事で栄養素がとれなければ細胞のミトコンドリアの数も減っていくことに
なるんですね。

だから、加齢とともに減少していく原因の一つにもなるということですね。
しかし、年齢に関係なくミトコンドリアを増やす方法があるそうです。

試してガッテンでは、「ミトコンドリアを増やすスイッチ」がある!!

何処にあるのか?

「ちょっと身体に負荷をかける」

以前も紹介していたのが、「インターバル速歩

この「インターバル速歩」というのは、3分間普通に歩いて3分間早歩きという方法ですね。

なんと、これだけでミトコンドリアが増えるのです!!

番組でも平均年齢71歳の方々が平均して最大酸素摂取量が15%アップとは

凄いです。

まして、速歩は血圧も下げる効果があるそうなので、一石二鳥です。

でも、普通のウォーキングでは増えません

速歩がキーワードです。

この理由は、ミトコンドリアの性質にあります。

エネルギーが足りなくなってきたぞ!と感じた時に、働きを見守っている酵素が、
ATPが細胞内になくなったらスイッチを入れてミトコンドリアが分裂を始めるようにしむけるんです

一度スイッチが入るとしばらくの間分裂を続け、ミトコンドリアの数が増えるので、

頑張って「インターバル速歩」を続けましょう。

外に出るのが嫌な方は、「姿勢を正すだけでもミトコンドリアは増えるそうです!」

姿勢を保つ筋肉の「姿勢筋」にも多くいるので、姿勢を保って姿勢筋を維持していきましょう

座っている時に時々、背筋をピーンと1分以上保つ様にすることで増えていきます

大事なのはスイッチを入れる数だそうです。

出来ることを数多くする方が大事ですよ。

                             ​ミトコンドリア

© 2017 ミトコンドリア rss